現状に不満をもたず
ウマく生きる選択の外に出て
 
社会に絡めとられずに
自分の足で生きる
 
〈桃子的オイコスノモス〉レポート

もともとは自分たちが幸せになるためにあったはずの経済活動が、いつのまにかお金を稼ぐこと自体や経済が成長すること自体が目的となり、”人間がお金のために生きている”という主客の逆転が、今あちこちで起きています。

人は目的を忘れると、いとも簡単に自分自身が「手段」に成りさがり、主人の座を明け渡してしまう存在です。
 
「どうにもならないのだから不満をもたず現状維持でウマく生きる」という選択は、自分の人生の主導権を社会に明け渡しているということになります。
 
そして世界を見渡すと、その選択はとても危険であることが見えてきます。

そこに歯止めをかけて「自分にとって一番大切なものを人生の中心に置きながら幸せに生きること」についての考えを無料のレポートにまとめました。
 
これから社会を生きる若者から、今がんばっている大人たちまで読んでもらえたら嬉しいです。
 
ダイナミックビューティー
吉永桃子

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
『桃子的オイコスノモス』
のレポートを無料で受け取る

プロフィール

ダイナミックビューティー株式会社 代表取締役兼トレーナー

2002年から動作の勉強を始め、大阪でアスリートの回復を助ける鍼灸師に師事。その後、整形外科リハビリスタッフとして3年間の勤務を経て、2007年にハートスポーツ整体を京都に開業。アスリートの動作解析の専門家である夏嶋隆に師事。夏嶋のアドバイスにより、2009年にインストラクターへ転向。ピラティスをマスターするために上京する。2013年にこれまでの身体に対するノウハウをまとめ、ダイナミックビューティーの屋号で起業。2016年にダイナミックビューティー株式会社設立。

起業するまではすべてアルバイト生活で生計を立ててきたため33個のバイト経験を持つ。貯金0円、両親から60万円の借金をし、軽自動車のラパンに荷物を詰め込んで上京。日雇いアルバイトからスタートし現在に至る。お金や学歴がなくとも情熱と元気な身体とその都度力を貸してくださった恩人のおかげで今がある。